« CFSと寄生虫(2) | トップページ | Q熱の放送 »

2007年2月14日 (水)

TBS CFSの放送抄録

「長引く疲れに要注意!
    慢性疲労症候群」
TBSで、2月14日に放送がありましたので、纏めておきます。
http://www.tbs.co.jp/eve5/feature/
疲労大国日本
そして慢性疲労症候群とは、

厚生労働省が、1万6000人を対象に、調べたところ疲れているという人の割合は72%
そのうちとても疲れているという人の割合は、14%というデータがある。

それを自分だけで抱え込んでいる人が、たくさんいます。
そんな中、疲労の研究が進んでいる。

激しい運動や風邪による疲れ。
たいていは、十分な休息や睡眠によって、回復に向かうとされています。

深夜にビデオを見たりとか、お風呂に入って歌うとか、それで一般に疲れがとれます。
でもその疲れ、内科的な病気がないにもかかわらず、半年以上続いた場合は要注意
厚生省が定めた基準では、慢性疲労症候群の可能性があると言えます。

そんな中、慢性疲労症候群の治療を行う病院が大阪にありました。

一昨年12月から診療を開始し、700人の患者が、今までに診察に来ています。
毎週木曜日の診察には、紹介状が必要ですが、平均40人の患者が、全国から訪れています。
大阪市立大学が、拠点になっているということが、全国に知られており、日本全国から、大勢の人が泊まりがけで診察に来ています。

この日、奈良県から、一時間半かけて、診察に来た女性がいました。
31歳の女性は、5年前からひどい痛みを感じ、通院しています。
大きな金属製のファスナーで締め付けられている様な痛みを感じた。
ひどいときは、箸もペンも持てなかったとのこと。
慢性疲労症候群と診断されました。

周りから見たら、何も異常がない人に見えるのですが、本人はおかしいと思っている。
なかなか周囲には解ってもらえない。

倉恒教授登場
前回に血液検査をしていますが、いろいろな測定値に異常は認められません。
筋肉の炎症反応も異常がありません。
慢性疲労症候群の外来では、いろいろな検査をして、他の疾患がない患者を対象に診療している。
倉恒教授の意見では、慢性疲労症候群の患者は、体内の免疫力の低下が見られる。

免疫力が低下すると、体の中にあったウィルスなどが、活性化し、それが病気を引き起こします。
体の中というのは、無菌状態ではなく、細菌や様々なウイルスなどが存在しています。
疲れてくると、例えば、唇の端にヘルペスなどがでてきます。
そして今、免疫力を高めるという「笑い」に注目が集まっております。
免疫力が落ちてる人に笑ってもらうと、免疫力が回復します。

これまでは、疲労の状態を調べるには、問診によるのが一般的でしたが、ここでは数値化するため腕時計型の測定装置が使われています。
そこで青木アナウンサーに3日間装着し、実験を行うことにしました。

これは睡眠中の活動をグラフに表したものです。
これでみると、睡眠中でも、日中と同じように活動している部分があるのがわかりました。
こちらは健康な人のグラフで、これと比べてみると、睡眠中の状態がかなり違うのはわかります。
健康な人の睡眠効率が、90%以上なのに対して、青木アナのは73%でした。
自分は起きているという自覚がないんですけどそう言うものなんでしょうか。
自覚がなくても客観的にそういう事がわかるわけです。
これで、睡眠の質を測定することができます。

睡眠の質が悪くなってくると、十分に寝たつもりでも、朝起きたとき疲れが取れない。
睡眠の質をあげることによって疲れを取り除くことができます。

さらにこの病院では、疲労の度合いを別の方法でも測定していました。
ここでは指の脈拍を測定して、血管の老化度、自律神経のバランスの測定をします。

続いて、脳の機能の検査
CRTの画面を見て、色々な操作を行い、それによって疲労度を測定します。

最後は、起立性障害の検査
五分間横に寝た後、急に立ちあがって、脈拍や血圧などの変化を調べます。
これで自律神経系に異常が無いかがわかります。

この実験をやってみる。
このとき、急速に心拍数があがっています。それが五分後どの程度まで戻るかが問題です。
実験してみると、正常の人と少し異なり、5分後でも、正常な値まで戻っていません。

総合的に見て、青木アナは、少し疲れ気味という判定でした。
これまで疲れと言うのは、メカニズムが難しく数値的に計れなかったために、きちんと判定できなかったが、ある程度数値化可能になった。

そして今疲労に関して様々な研究が行われている。

東京港区のある研究室では、ある魚を取りあげて研究していました。

その生物とは、鮭で、何故遡上と言う重労働に耐えられるのか?
その鮭の赤い色素に注目したということです。
鮭は疲れないようにするための物質を体内に、持っていたわけです。
それがアスタキサンチンというものです。

アスタキサンチンは、水中にいる藻に含まれているもので、本来は緑色をしているが、紫外線を浴びると、身を守るため、赤色に変わります。
研究室では、その薬をラットに与えたところ、運動の能力が増加したということです。
その実験を見せてもらいました。
普通のマウスと、一週間、この薬を与えたマウスをベルトの上で走らせています。
五分後通常のマウスは、ベルトのスピードに追いつけなくなりましたが、薬を与えた方は、普通に走っています。
今後臨床試験を行って、その効果を、ちゃんと調べていきたいと考えています。

さらに、その薬を使って、目の疲労、言わゆる眼精疲労の治療に、応用している医者がいました。
疲労物質が貯まった時に、それを速やかに取り除くために、この薬は役に立ちそうです。

疲労のメカニズムに特にその原因は、一般にストレスにあると考えられていますが、それを取り除くのは、この複雑な社会ではかなり困難です。
如何にリフレッシュし、巧く対処していくかを考える必要がありそうです。

|

« CFSと寄生虫(2) | トップページ | Q熱の放送 »

コメント

watcherdesuさん、大変興味深く読ませていただきました。高校生の娘が学校の授業・部活などに頑張りすぎました・・。以前からだましだましきたものが、12月にいっきに悪化。寝ても寝ても疲れる、首から上が重石をのせたよう・・というので精神科に連れていきました。軽症うつなどの疑いはあるとはいえ、薬を飲んだら自殺の危険が高まりますといきなり言われ、まだ軽いからと帰されました。
医者の分業化もいいところ、いや地方都市の総合病院だからか、いまも納得できません。最近新聞記事でこの病名を知り、首のリンパの腫れのどの痛みなど症状におぼえがあり、学校の担任・部活の顧問に見せ、やっと休むことが平気になったと本人は言います。
周囲の理解のなさがこれほど回復を妨げるのかと思いました、漢方の薬剤師さんに相談したところ「気虚ですね」と病気をよくご存知で長風呂は気が抜けてしまうからダメだよとか、食事や生理の血の量なども聞いてくれました。単位が足りない科目があるので、不登校生ということで診断書の提出が必要なようです。
専門医がいないこの田舎で、だれが診断してくれるんでしょうか。進学率のためノルマが多く、クラスにはまだ登校できない子もいます。
はじめてですのに長々と申し訳ありません。

投稿: Mのまま | 2007年2月19日 (月) 15時13分

Mのままさん、こんにちは。
コメントをありがとう。
お子様がご病気とのこと、心からお見舞い申し上げます。

田舎にお住まいで、十分な治療が受けられないとお考えのようですが、専門医でも現在の所適切な治療法は見つかっておりません。
従って田舎だから十分な治療が受けられないとは限りません。

現在はネットの時代で多くの情報が容易に入手できるので、それらを参考にして対処されるよう希望します。

ただ、ネットには悪徳商法が跋扈していること、他の人がある方法で良くなったとの情報もそのまま自分には当てはまらないことには十分注意してください。
では、おだいじに。

投稿: watcherdesu | 2007年2月20日 (火) 09時56分

watcherdesuさん、ありがとうございます。
娘の将来を悲観してしまいますが一番辛いのは本人です。
気長に構えて見守ろうと思います。

また来ます、では。

投稿: Mのまま | 2007年2月20日 (火) 10時51分

Hi! Very nice site! Thanks you very much! djtsfcnvpez

投稿: jotkjzwdoo | 2007年3月15日 (木) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122906/13912855

この記事へのトラックバック一覧です: TBS CFSの放送抄録:

» アスタキサンチン効果 [軽々日記]
軽々と生活する日記 [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 14時03分

» アスタキサンチンの効果 効能 [アスタキサンチン情報館]
アスタキサンチンの情報サイトです。アスタキサンチンに関する情報を集めておりますのでトラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 13時19分

« CFSと寄生虫(2) | トップページ | Q熱の放送 »