« CFSの原因とされるc.pulmoni寄生虫について | トップページ | 質問に関して »

2019年6月12日 (水)

アクセス解析

私のブログに興味を持って下さる方がどの地域に多いか、4月、5月分をアクセス解析で調べて見ました。

その結果、図の様になりましたが、私の住んでいる東京は割に少なく、関西の方々が非常に多いのは納得しました。

また、CFS友の会的な物が各地にあり、色々活動されていますが、私の入っている東京は、比較的政治的な活動が多いようです。

一寸調べたら
京都 慢性疲労症候群 患者会 ~疲労日和~
東京都 NPO筋痛性脳脊髄炎の会

栃木県医療社会事業協会 NPO筋痛性脳脊髄炎の会
神奈川県 NPO筋痛性脳脊髄炎の会
青森県(旧)慢性疲労症候群の理解を広める会

など色々あり、活動方針も構成員の性格により特色がでているようです。
それと、アクセスの多かった地域も関連がありそうでした。

 

Photo

 Photo_1

 

 

 

|

« CFSの原因とされるc.pulmoni寄生虫について | トップページ | 質問に関して »

コメント

ふと青紫蘇のナメクジを払いのけて洗って生食した後、こちらを読んだME/CFSの診断患者です。
確定的になったのはヘルペス後であり、また住みつかれた猫のノミで100越え噛まれ、アブ・蚊等に噛まれつつ暮らしています。
自然が豊かすぎて(--;)
またリーキーガット症候群で乳酸菌治療をしています。
(パン食後ケアしないと腸内発酵で息が詰まります。ゲップもろもろが。)

これ、みな「栄養素不足」でATP産生や薬剤代謝や糖代謝やアセチルコリン合成や体内ステロイドホルモン合成の足を引っ張ります。
心的ストレスも動揺でコルチゾール負荷が挙げられます。
これで考えるとき、寄生虫からの栄養略奪症状に虫下しが有効って理にかなっていると思います。

ATPを「途切れなく」次々上手に作って回せません。

分子栄養学(オーソモレキュラー)ではビタミンCで「体内ステロイドホルモン」や「ATP産生」や「解毒」他の合成を補助します。
(ビタミンCには代謝比率が決まっていて、相応のミネラル各種が必要で過不足はまた過不足別の症状があります。)
(また、Cだけで栄養代謝が回せるわけではありません。)

もしよろしければ、私のモルモット症例報告にも目を通していただければ幸いです。
確かな頭脳からの、より的確な意思表示が今後さらなる研究促進に必要です。
なお、私の情報調査研究の基礎は多く「いつも空が見えるから」(CFS患者さんブログ)を参考に学ばせていただいています。

あと、ME/CFSでそこそこの栄養治療をされている方に明言しますが、ビタミンとミネラルの代謝比率や、腸内環境の調整からの栄養吸収と産生の構図を無視した点滴治療では効果が限定的でアンバランスです。
また食事も極力合成添加物排除が相乗効果をもたらします。
NHK取材(HNTV)を拝見していて、屋内でビタミンD合成不足が冬季性うつ病様に加えての作用をもたらすことも気になりました。
せっけん・重曹・クエン酸で代替する「合成洗剤排除」もATP産生に貢献します。
(症状によりけりですが香付き柔軟剤は控えたほうが無難です。ATP合成分の栄養素を浪費することになります。)

頭部への磁気刺激だけで改善できる軽症をこじらせてご苦労された患者さんまでは無用かもしれませんが、アレルギーが激烈な患者さんほど、こちらをお試しください。
私は患者でも最弱の身体条件だったので、まるで実験台のように様々な体験から幅広く情報研究してきました。
頭部磁気刺激の有効性とともに、知識にお加えいただければ幸いです。

エネルギーを途切れなく産生し循環させるしくみを知ることが「分子栄養学治療だと思います。
これで私は寝たきりを免れ、寝込み寝込み家事が出来るまでになりました。
たまに調整いたしつつ外出できます。
引きこもりの最悪ケースが起こした事件で世間がとやかく騒然としていますが、出るに出られない代謝弱者への偏見払拭のためにも、さらなる研究促進と未来の子供たちのための福祉理解と進路整備が急務です。
関係者の方で理系に優れた方こぞっての知識取得お願い申し上げます。

私は無学ですがLD気味の発達障害を持ち合わせています。
直感と雑学からの情報研究が得意分野なだけなので、この情報を再構築いただける方を待ち望んでいます。


投稿: 眞世后畔(まぜごはん) | 2019年6月30日 (日) 11時26分

眞世后畔さん コメントありがとうございました。
コメントとホームページを拝見しましたが、私が知らないようなことも沢山述べられており、大変参考になりました。
CFSの研究状況を見てみますと、私が見てもおかしいと思うことが多く、外野からの色々な意見はそれらをただす助けになるのではと考えております。
今後も益々研究に励まれるよう希望しております。
色々研究されて、寝たきりを免れ、寝込み寝込み家事が出来るまでになりました。
たまに調整いたしつつ外出できます。との事、良かったですね。
益々お元気になられるよう祈念しております。

投稿: watcherdesu | 2019年6月30日 (日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CFSの原因とされるc.pulmoni寄生虫について | トップページ | 質問に関して »