« アクセス解析 | トップページ | 寄生虫が死ぬとどうなるか? »

2019年9月 9日 (月)

質問に関して

maikoさん コメント有り難うございました。
専門的な質問が多いのと、話の筋がこんぐらかっている部分が多くあり、答えにくいのですが、出来るだけ説明します。
>好酸球について
血液検査で私が受けているのは、30項目近くありますが好酸球は入っていません。
WBCはありますが正常値の範囲内でした。maikoさんの場合、どの様な傾向が出たか教えて頂ければ幸いです。

>37℃以上の発熱は、繰り返し起こりましたか?
感染していた期間が数十年にわたり、測定もしてないので、よく分かりませんが、寄生虫感染と発熱は関係ないように思います。

>どこで感染したか、可能性のある場所はわかりますか?
特定の地域で発病しやすい風土病と言うのがありますが、この寄生虫病は全世界的にあるようです。

>唾液などで感染するか、わかりますでしょうか。
分かりませんがそれほど心配する必要は無いと考えます。

>ブログでは、アメリカで検査できるようですが、日本では、検査できる機関は、どこにもないでしょうか?
この辺が非常にこんぐらかっている部分で、c.pulmoniとはKlapow先生がCFSの原因として肺にいる寄生虫との意味でつけたものですが、この説は完全に否定されてしまいました。
しかし、途中で意味が変わってCFSの原因になっている寄生虫になってしまいました。しかしどの様な寄生虫か?についてはあまり考えず、CFSのかなりの部分が寄生虫病なら検査などどうでも良いから駆虫剤を与えて治してしまえとなり、イベルメクチンが効果があったの報告などがでたりもしました。(これはしばらくしたら元に戻ったので無効でした。)
その他にも多くの駆虫剤による治療が試みられたのですが、副作用のみが強く、ことごとく治療に失敗してしまいました。
それで、CFSの寄生虫説は殆ど影を潜めてしまいました。

その途中で、血液を調べて寄生虫によるCFSか否かが分かると言ったものもでましたが全くのフェイクです。

>痰はよくでますか?
Klapow先生の最初の検査では痰を使っていましたが、c.pulmoniの仮説が無意味になったので、痰は関係ないと考えます。私は昔はでていましたが、ここずっと殆どでていません。
>ただ、歯茎の出血はあります
私の場合、昔は出血が多かったが、駆虫剤を使うようになって殆ど無くなりました。

寄生虫によるCFS等と言っても私以外殆ど誰も関心を示さなくなっているのに、maikoさんが寄生虫にこれ程こだわる理由が分かりません。何かあったのでしょうか?

私の極低容量の駆虫剤による治療は、この5年近くは非常に順調でしたが、約1ヶ月前から本格的な虫の死滅による副作用がでました。近日中にそれについてここで報告します。

|

« アクセス解析 | トップページ | 寄生虫が死ぬとどうなるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクセス解析 | トップページ | 寄生虫が死ぬとどうなるか? »